2010年05月17日

小児の頻脈性不整脈の効能・効果の追加承認を取得―エーザイ(医療介護CBニュース)

 エーザイは5月13日、頻脈性不整脈治療剤「タンボコール錠」について、日本における小児の頻脈性不整脈(発作性心房細動・粗動、発作性上室性、心室性)の効能・効果と用法・用量の追加承認を取得したと発表した。同剤は、小児の心室性の頻脈性不整脈の効能・効果を持つ日本で初めての薬剤。

 頻脈性不整脈は、心拍が何らかの理由で異常に早まり、1分間に100拍を超える不整脈のこと。同社によると、不整脈は小児期の突然死の主な原因の一つといわれているものの、現在、小児に対する不整脈治療剤として承認されているのはジギタリス製剤のみで、効能・効果も発作性心房細動・粗動と発作性上室性に限られている。

 タンボコール錠は心筋のナトリウムチャネルを抑制し、心臓の興奮伝導を遅らせることで、頻脈性の不整脈を抑える。国内では1991年に、成人の頻脈性不整脈(心室性)の効能・効果で承認・発売され、2007年には頻脈性不整脈(発作性心房細動・粗動)の効能・効果が追加承認されている。


【関連記事】
希少疾患LGSの治療薬の国内フェーズ3試験を開始
パリエット、1日2回投与の用法・用量の追加を申請
中国での消化器領域のラインナップ強化へライセンス契約―エーザイ
抗がん剤エリブリンを日米欧で承認申請―エーザイ
日本事業がグローバル成長をけん引―エーザイ

<放鳥トキ>巣にカラス侵入、卵捨てる ふ化厳しく(毎日新聞)
スリランカ大統領 来月、訪日の意向 「内戦後の現状訴えたい」(産経新聞)
国公法改正案が衆院通過 政治主導法案は審議入り(産経新聞)
[FREESPOT] 福島県と大阪府にアクセスポイントを追加
新型インフル 国内確認1年 感染伝達、患者は最後(毎日新聞)
posted by カミヤマ ヨシヒロ at 19:49| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

いつもはSのお姉たまやけど、昨日はドM女にチンチン買ってもらったで!
尺八させて顔に精○ぶっかけたら、めちゃ喜んでたわ(笑)

てかこのサイトって変☆態☆女しかおらんのかい!!wwww
http://speCover.com/topo/3g3wk8x/
Posted by ダメな女の子ばかりやなwww at 2010年05月22日 20:17
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。