2010年04月09日

山崎さん、先頭で笑顔の入室 国際宇宙ステーション(産経新聞)

 国際宇宙ステーション(ISS)へのとびらが開くと、山崎直子さんはシャトルクルーの先陣を切ってISSに飛び込んできた。出迎えたのは、昨年12月から長期滞在を続けている野口聡一さん。互いの顔を見つけると、笑顔で歴史的瞬間を喜び合った。

 青いシャツにズボン姿で連結部をくぐり抜け、ISSに入室した山崎さん。カメラを手に出迎えた野口さんに手を振り、日本人同士で初の“宇宙対面”が実現した。

 ISS船長の歓迎あいさつが終わると、山崎さんは野口さんに促されて日本実験棟「きぼう」の船内実験室へ。自ら開発に携わったきぼうの内部を、感慨深い様子で見て回った。初飛行の山崎さんは無重力に慣れていない様子で、壁や手すりにつかまりながら、慎重に船内を移動していった。

 一方、ベテランの野口さんは余裕たっぷり。ISSに設置されたカメラに向かって仲間と手を振ったり、親指を立てたりして、クルーの到着を歓迎した。

 山崎さんの元上司で宇宙航空研究開発機構(JAXA)広報部の三輪田真さん(58)は、入室の様子を映像で見守った。「まさか一番に入ってくるとは思わなかった。自分が作ったきぼうに入ったのも、格別の思いがあっただろう。存分に宇宙生活を楽しんできてほしい」と話す。

 日本人飛行士は今後、来年春に古川聡さん(46)、2012年に星出彰彦さん(41)がそれぞれロシアのソユーズ宇宙船に搭乗し、ISSに長期滞在する予定だが、日本人同士が宇宙で対面する予定は今のところない。

【関連記事】
山崎、野口さんが宇宙で対面 日本人初
スペースシャトル、ISSにドッキング成功
山崎さん出発 有人宇宙船の夢考えたい
山崎さんが宇宙仕様のカーディガンを持参
日本人搭乗 最後のシャトル 有人技術の基礎確立 物資輸送・科学実験・船外活動
「中国内陸部の資源事情とは…?」

TBSに確認怠った責任=BPO倫理検証委(時事通信)
外国人観光客向け有償ガイド 通訳案内士資格、見直し議論波紋(産経新聞)
【選抜高校野球】帝京 快音なし4強逃す(産経新聞)
<陸山会事件>大久保被告が衆院事務局に辞職届提出(毎日新聞)
精神科医療の将来ビジョンの検討に向け始動−日精協・山崎新会長(医療介護CBニュース)
posted by カミヤマ ヨシヒロ at 16:59| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月31日

「騒音増す」シュワブ地主ら契約更新拒否の意向(読売新聞)

 沖縄県の米軍普天間飛行場移設問題で、米軍キャンプ・シュワブ(名護市など)の地主らでつくる「名護市軍用地等地主会」の会合が27日、同市辺野古区で開かれた。

 地主らは、シュワブ陸上部が移設先候補とされたことについて、「集落の騒音が増す陸上部案には反対」とし、軍用地の賃貸借契約の更新を拒否する姿勢を示した。

 契約更新は20年に1度で、現在の契約期限は2012年5月。

 辺野古区と周辺2区はシュワブ内に区有地を持っており、三つの区は区有地の契約更新も拒否することで意思統一しているという。

 ただ、特別措置法の規定で地主らが更新しなくても国は軍用地を強制使用できる。

<視聴率>「ウェルかめ」最低、関東で13.5%(毎日新聞)
<飲酒運転>都内の「死亡事故ゼロ」83日 厳罰化の効果か(毎日新聞)
無罪教諭のわいせつ行為、2審も認定し賠償額増額(産経新聞)
無罪教諭のわいせつ行為、2審も認定し賠償額増額(産経新聞)
放鳥トキ、産卵か=確認できれば初めて−環境省(時事通信)
posted by カミヤマ ヨシヒロ at 17:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月30日

元公設秘書側「癒着や政治腐敗を生む資金の隠蔽ではない」 弁護側最終弁論要旨(産経新聞)

【鳩山首相元公設秘書初公判】弁護側最終弁論要旨

 鳩山由紀夫首相の元公設第1秘書、勝場啓二被告(59)の初公判で、弁護側が読み上げた最終弁論の要旨は以下の通り。

 【起訴内容】

 公訴事実については、勝場被告、弁護人ともに認めるところで、特段の争いはない。

 【情状】

 鳩山衆院議員の公設第1秘書として、議員の資金管理団体などの政治資金の管理を統括していた勝場被告が、収支報告書に虚偽記載をしていた事案であり、政治資金規正法が求める政治資金の収支の透明化を害した点は遺憾。しかし、勝場被告には有利に酌量すべき事情がある。

 政治資金規正法は、民主政治の健全な発達という目的を実現するため、政治資金の収支の流れを明らかにして透明化を確保すること、政治資金の授受を規制して寄付者と政治家の癒着(ゆちゃく)や政治腐敗を除去することを規制の柱にしている。

 勝場被告の行為は形式的には政治資金の透明化を害したことは争いようのないもので遺憾だが、虚偽記載で隠そうとした資金の授受は、寄付者と政治家の癒着の危険性など全くなく、悪質性の強い事案でない。

 虚偽記載の対象はいずれも議員個人及び議員の実母らから提供された資金であり、寄付者との癒着を隠蔽(いんぺい)するなど、悪質な目的で行われた行為ではないことは明らか。

 政治資金規正法は議員自らや近親者からの寄付についても規正の対象とはしているが、かつては政治家が私財を投げ打って政治を行うことは美徳ととらえられていた。癒着を招く恐れのない寄付について、必ずしも法的な制限を加える必要がないとの考え方もあり得る。

 政治資金規正法の制限を超える額の寄付について本来、議員個人からの貸し付けと処理することも可能だが、鳩山議員から第1秘書としての自分の資金調達能力がないと思われたり、努力をしていないように思われるのを危惧(きぐ)したのであって、自己保身のためとはいえ、心情として理解できないものではない。

 勝場被告は、収支報告書に真実を記載することで、議員に資金収集能力がないとの印象を与えて体面が傷つけられることを回避したいと考えた。勝場被告には、資金の収集などは秘書が担い、政治家本人は政治に集中すべきとの強い信念があり、不正処理の責任を自ら負ってでも、議員の政治的体面を保ちたいとの使命感に裏打ちされたものであった。自分が仕える議員を思う気持ちは心情として十分理解できる。

 虚偽記載の水増し分は議員本人や親族からの資金で、癒着や政治腐敗を生じさせる資金を隠蔽しようとするような悪質な動機があったものではない。むしろ「癒着を疑われるような政治資金を受け入れて議員の名を傷つけることがあっては絶対ならない」という強い思いがあったからこそ、親族からの資金に頼ったことは十分、酌量いただきたい。

 勝場被告は犯行を深く反省し、捜査当初から事実関係を全面的に認め、供述しにくい議員やその親族のことも包み隠さず供述し、捜査に協力してきた。当公判廷での供述態度からもみえるように改悛(かいしゅん)の情は明らかだ。

 平成21年6月に報道され、勝場被告はマスコミに注目された。報道関係者が自宅周辺に集まり、勝場被告のみならず、家族も外出できず、監視されているような状態になった。近隣に迷惑をかけているとの負い目も心理的負担となって、妻らが精神的に不安定な状況となった。通常なら妻を情状証人として出廷させたいところだが、妻をさらし者にして傷つけたくないとの思いから証人請求もしなかった。

 勝場被告は20回を超える検察からの取り調べを受け、真摯(しんし)に応じてきた。この間、検察への出頭を優先させ、2カ月半にわたり、全く自由のない生活を送らざるを得なかったことも、自ら招いたとはいえ、事実上の制裁であった。

 略式起訴による罰金刑にとどまらず、公判請求という厳しい処分を受け、広く実名報道されたことは、誠実に人生を送ってきた勝場被告にとって十分すぎる社会的制裁だ。

 報道された際、鳩山議員に概要を報告し、処分を甘んじて受ける旨を伝え、公設秘書退任届けを提出したことで、長年勤めてきた公設秘書の地位を失った。退職金についても、衆議院の担当者から禁固以上の刑に処せられた場合は返納命令が下されると伝えられ、一切手をつけず返納する考えでいる。十分すぎる事実上の制裁、社会的制裁を受けている。

 勝場被告は本来、犯罪とは無縁の人柄であり、本件を除けば社会人として問題のない人生を送ってきた。本件について深く反省していることに加え、今後一切政界に復職する意思がないことから、再犯の恐れがないことは明らかだ。

 昭和62年から公設秘書として誠実に勤めてきただけでなく、(旧)新党さきがけの事務局長として、事務局を総括し、民主党の立ち上げ時には、経理・広報・庶務を担当し、同党の体制に尽力して民主政治の発展に貢献してきた。このような社会的貢献も酌量されたい。

 【まとめ】

 以上の情状を十分に斟酌(しんしゃく)いただき、執行猶予を付けた寛大な判決を賜りますよう、また、罰金刑の選択も考慮いただくようお願いする次第である。

【関連記事】
官房長官、首相元秘書初公判で「コメントする立場にない」
(4完)「名前を使った皆様におわびを…」最後まで消え入りそうな声の勝場被告 鳩山首相元公設秘書初公判
(3)「鳩山さんを実力あるように見せたかった…」虚偽記載の動機語る 鳩山首相元公設秘書初公判ライブ
(2)「全く知りませんでした…」上申書で関与を全面否定する首相 鳩山首相元公設秘書初公判ライブ
(1)虚偽記載のきっかけは地元新聞記者からの指摘 検察側が明かす 鳩山首相元公設秘書初公判ライブ

開星高教師、センバツ敗退の日に逮捕…女子トイレに侵入(スポーツ報知)
<ダム工事>「小沢氏に業者逐一確認」高橋元秘書が初証言(毎日新聞)
<クロマグロ>全遺伝情報を初めて解読 日本の研究機関など(毎日新聞)
2氏が届け出=京都知事選(時事通信)
マニフェスト大幅修正を=税収減で「相当無理」と指摘−岡田外相(時事通信)
posted by カミヤマ ヨシヒロ at 20:02| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。